Single post

雌犬の飼い主さんへ

愛犬ぴーち現在8歳の女の子です。
ぴーちは里親募集で4ヶ月の頃に引き取りました。
私は当時独身の実家暮らしでした。
雌犬という事もあり、子供を産ませたいな…との想いで去勢手術をしていませんでした。
変な知識で10万くらいかかると思っていたし…
ヒート(生理)がきて、順調に成長していきました。
私は結婚して、ぴーちも連れていきました。
が、旦那が犬嫌いで「子供は産ませんでいい」と言われ…
獣医さんにも「子供を作らないならこの子のために去勢手術をオススメしますよ」
と言われました。
この時に金額を聞けばよかったのですが、変な知識があったので「あーそうですかー…」と返事をして去勢手術をしませんでした。
6歳のある日、ぴーちが目をシバシバさせて、ほぼ目が開かない状態になり病院に行き目薬をもらいました。
若干治ってきましたが、次の異変が水をガバガバよく飲み、性器から汁がポタポタ落ち、たまにドバッと出ていました。
異臭でした。
あと、食欲も全くなかったです。
目の経過の診察で、病院に行った際に獣医さんに言うと獣医さんは顔をしかめ、バタバタとし始めお腹を触り「エコーしてみましょう」と…
結果「子宮蓄膿症です。この病気の合併症で目も悪くなってたみたいですね。かなり大きくなってて、早急に取らないと命が危険です。」と言われました。
獣医さんに「去勢手術してればよかったですね…費用が高いからなかなかできなくて…」とぼやくと、「え?うちは3万でできますよ」と…
本当早くしてあげてれば、ぴーちは苦しまずに済んだんだ…と思いました。
家に帰り、「犬嫌いな旦那は手術を許してくれないだろう…」と涙が止まりませんでした。
が、予想外に「今回だけだよ」の言葉を貰い、速攻病院に電話をして入院しました。
手術は、無事成功!
退院時のぴーちは目もキラキラしてて、元気でした。
摘出した子宮を見せてもらいました。
犬の子宮は小指ぐらいのものがYの字になってるらしく、ぴーちの子宮は10倍以上に膨れてました。
「ぴーちごめんね…」でいっぱいでしたが、なにはともあれ今は8歳になり走り回って食欲もバッチリなくらい元気です。
雌犬の飼い主さん。
「子宮の病気になりやすい?そうなんだー…」と思ってる飼い主さん。
本当に子供を産ませないなら、去勢手術をしてください。
私もそう思っていた1人のダメ飼い主でした。

theme by teslathemes