Single post

顎の下にしこりを発見

ある日うちの犬がしきりに顎の下を掻いているので、気になってみてみると小さいしこりができていました。そこまで大きくなかったのですが出血も見られていたため心配になってしまい、動物病院を受診することにしました。すると、すぐに細胞の検査を実施して下さり「良性腫瘍の皮脂腺腫の疑い」ということと、「これだけ小さいものなら局所麻酔でとれますよ」とのことで、なんとその日のうちに簡単に切除してもらうことができたのです。犬の性格にもよるかも知れませんが、しこりが小さいうちだと局所麻酔で摘出できることがわかりビックリ。またそれ以降、痒がることも出血もなく快適に過ごせていますし、早めに摘出しておいて本当に良かったと思いました。

theme by teslathemes