Single post

愛犬の食生活と急性膵炎の怖さ

初めて犬を飼い始め、人間が食事をしている時に、愛犬がおねだりする姿がとても可愛くて、思わず「少しだけなら」という気持ちで、いろいろと食べさせていました。
また、「犬は肉が好き」という安易な考えで、脂っこい肉もたくさん食べさせていました。
ある時、急に愛犬が嘔吐と下痢を繰り返し、うずくまるようにして、元気がなくなりました。
慌てて、病院に連れて行き症状を話すと、急性膵炎の疑いがあることがわかりました。
血液検査の結果、急性膵炎でした。
膵炎がどれくらい怖い病気なのかを獣医さんから教わり、自分がいかに愛犬の命を縮めていたかを知りました。
自分でもネットで急性膵炎について調べてみると、処置が遅くて亡くなってしまった話がたくさん載っていました。
本当に怖くなり、反省しました。
数日は入院させて、絶飲絶食で点滴のみで、その後1~2週間は、毎日点滴をしてもらいました。
ドッグフードも低脂肪のものに変え、愛犬の食生活を改めました。
そのおかげで、元気を取り戻し、現在も定期的に血液検査をして、再発しないようにしています。

theme by teslathemes